オープンカラー

オープン カラー


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ディテール

 〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



オープンカラー
オープンカラーとは開き衿、開襟のことで、男女とも開襟シャツとして普及している。

オープンカラーは、シャツの形としては新しいものです。1945年、世界第二次大戦終了以前では、シャツのボタンをはずして、

胸元をみせるなど、失礼な格好として日常みかけることはなかったのだが、

服装の改良、合理化にともなって、ワイシャツの上ボタンを一つはずして、

涼しくカジュアルに着ることが流行しました。

そのスタイルを、シャツの構造に取り入れ、はじめから衿を開いて着るシャツが誕生しました。

夏、胸元の暑さから逃れるため、とくに男性のあいだで人気が高まりました。

その後、脱ぎ着のしやすさ、ボトムスとのあわせやすさから、女性にも普及しました。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.