タートルネック

タートル ネック


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ディテール

 〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



タートルネック
タートルネック(turtleneck)とは、主としてセーターに現れる高立ち衿の一種です。

上半分を折り返して二重にするのが通常の着方で、タートルネックは、寒冷地や海上における防寒のために考えられました。

本来は長い衿を引き上げて、顔の下半分までを覆うものだが、

その必要のない場合には二重に折り返して着用する。

タートルとは亀(特に海亀)で、着ると、甲羅から首を出している亀とよく似ているので、こう呼ばれます。

英国では「polo neck」米国ではただ「round neck」ということが多いです。

1966年、英国女王の夫が背広の下にこれを着用、ネクタイをしていなかったため、あるレストランへの入店を断られました。

事件は写真入りで報道されて評判になり、当時注目を浴びていた米国上院議員なども愛用したことから、

スポーティーながらフォーマルなシャツとしても通用するようになり、「徳利首(とっくりくび)」ともいいます


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.