ノースリーブ

ノー スリーブ


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ディテール

 〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



ノースリーブ
ノースリーブとは、読んで字のごとくで、「袖なし」を意味する和製英語であります。

シャツやセーターなど、服種は何でもありうるが、ノースリーブは、正確にはスリーブレスと呼ばれる。

つまり袖を付け根の部分からまるまるはずしたデザインで、動きやすいのが特徴。意識的に腕を多い、

活動的な袖のある衣服を用い始めたのは、寒冷地にいた古代騎馬民族とされています。

騎馬民族は、騎上での運動性を高めるために、機能性の高い衣服の原型を多く生み出しています。

古代ギリシア時代には一枚布で身体を覆っていたが、

アッシリアなどの騎馬民族との交流を経て、ヨーロッパ社会にも「袖のある服」が流入してきました。

13世紀ごろからは装飾性や他の機能を持たせた様々な袖デザインが現れ、色々な工夫が加えられます。

20世紀に入ると、用途に応え、簡易化が図られた最たる例が、このノ−スリーブであります。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.