ポップアート

ポップ アート


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<ファション関連用語

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



ポ ッ プ ア ー ト
ポップはポピュラーの略で、’60年代、アメリカやロンドンを中心に広がった

前衛的な美術形態のひとつです。

「ポップアート」という言葉は、研究のさなか、ローレンス・アロウェイが

1956年に商業デザインなどを指して「ポピュラーなアート」という意味で使用していました。

最初にポップアート
が盛んになったのはイギリス(特にロンドン)であった。

エドゥアルド・パオロッツイは戦後間もなく、兵隊らと共に持ち込まれたアメリカの雑誌の切り抜きで

コラージュを作り、すでにポップアートの始まりとなる作品を作っていた。


また、日本の横尾忠則などがアーティストとして活躍し、デザインやファッションにも大きな影響を与えています。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.