ワラビー

ワラビー


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク
アパレル用語辞典TOP<服飾品

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



ワラビー
ワラビー・ブーツともいいます。ワラビーはオーストラリアやニューギニアにすむカンガルーに似た小動物のことで、

これの蹄(ひずめ)の形にヒントを得てつくられたカジュアルなショート・ブーツです。

1枚革で足を包み込むようにつくり、袋縫いをしたモカシン(インディアン・モカシンともいい、

元来は北米インディアンが履いた、ヒール部分のないスリッポン式の短靴や長靴の総称です)式のブーツで、

全体にずんぐりとした感じや、生ゴム使いの厚い靴底と2対の穴の紐結び、

大きな丸みを帯びたつま先といったスタイルを特徴としています。

オリジナルはイギリスの名門靴メーカー、クラークス社の製品とされます。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.