サファリハット

サファリ ハット


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク
アパレル用語辞典TOP<服飾品

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



サファリハット
サファリは「狩猟旅行」の意で、主にアフリカの動物狩りの時に用いられる帽子の総称です。

一般に厚手のコットン生地やフェルトなどでつくられ、コーク・ヘルメット型(断熱材としてコルクを用いたヘルメット)、

ウエスタン・ハット型(テンガロン・ハットともいわれ、テンガロンは水が10ガロン入るほどの大きさという意味で

カウボーイ独特の大げさな名称です)、クラウンやブリムに粗いステッチ・ワークを施し、

リボン状の革をクラウンの下に巻いたものなどがあります。

別にサファリ・キャップ、ブッシュ・ハット(やぶ、茂み用の帽子)、

アドベンチャー・ハット(冒険家の帽子)など多くの呼称があります。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.