シルクハット

シルク ハット


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク
アパレル用語辞典TOP<服飾品

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



シルクハット
モーニング・コートや燕尾服(えんびふく)など、男性の最上級の礼装時に用いる帽子です。

頭頂部が平らな、円筒状の高いクラウンと、両脇がややそり返った比較的狭いブリムを特徴とします。

1797年にロンドンの帽子屋ジョン・ヘザリントンの案と言われますが、

もともと17世紀半ばに大流行したビーバー・ハットを原型としたもので、

激減したビーバーのかわりとして、似たようなシルク地を用いたのがはじまりとされます。

ハット・バンドには絹のリボンやフェルトが使われます。

男子の最高の帽子であるところから、ハイ・ハット、トップ・ハット、トッパーなどと呼ばれ、

オペラ・ハット、ジョンブル・ハットなどの種類が見られます。

スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.