パナマハット

パナマ ハット


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク
アパレル用語辞典TOP<服飾品

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



パナマハット
パナマ帽ともいいます。

エクアドル、コロンビアなどの中米産の椰子に似たパナマ草の若葉を細く裂いて日に晒し(さら)し、

それを手で密に編んだ盛夏用帽子の総称です。

少し黄みがかった白色(クリーム色)が特徴で、中折れ帽型やカンカン帽などさまざまな種類があります。

なお、この名称は産地がパナマなのではなく、出荷港がパナマ市のためとされます。

または2006年に米国大統領セオドル・ルーズベルトがパナマ運河で求め、

好んでかぶったことからの名称という説もあります。

帽子の起源は14世紀中頃とされ、1906年に米国大統領セオドル・ルーズベルトがパナマ運河で

買い求め、好んでかぶったことからの名の説もあります。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.