バギーパンツ

バギー パンツ


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<アイテム

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



バギーパンツ
バギーとは、脚の部分が袋のようにふくらんだ、極端にゆとりのあるシルエットのパンツの総称です。

バギーはオックスフォード・バッグスを原型として生み出された、股上が深く、ヒップから裾にかけて極端にふくらんだパンツのこと。

バック=袋のように太い、といった形容からこの名称になったといわれます。

バギー・パンツを組み合わせただぶだぶのファッションが、

バギー・ルックとして1970年代に流行したことでも知らまする。

バギー・パンツをアレンジして、裾を絞ってテーパード・シルエット風にしたものが「バギー・トップ」、「トップ・パンツ」、

「トップ・バギー」などと呼ばれています。

さらに、太さがそれほどでもないものは「セミ・バギー」と呼ばれ、区別されています。

ちなみにオックスフォードとは魚子(ななこ)織の綿布のことです。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.