フロックコート

フロック コート


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<アイテム

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



フロックコート

フロックコート(英:Frock Coat)はモーニングの前の昼間の男性正礼服で、その当時はダブルでありました。

フロックとは、16世紀頃のヨーロッパの農民が、労働着として着用した、

長い袖の付いた丈が膝まである服であったが徐々に形式昇格が起こりました。

そのためダブルの形になり、上等の布地を使い、洗練された仕立を施すことで一般市民の外出着になりました。

今でも修道士の着る袖の長い修道士服はフロックと呼ばれてます。

18世紀、シャツ、ベスト、ズボンにネクタイ、フロックコートを加えることで英国紳士の一揃いになりました。

フロックコート、ベスト、スラックスの組み合わせは、現代のスーツの原点となりました。

第2次世界大戦頃までは各国の海軍の礼装としても広く用いられていました。

現在ではフロックコートは、カジュアル化しダブルだったものがシングルになり、結婚式で使われるくらいになりました。

礼服として着用の際は、必ず立衿シャツとアスコットタイを組合せます。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.