スペンサージャケット

スペンサー ジャケット


[ サイト紹介文 ]

アパレル用語辞典ではファッションに関連する用語が数多くあり、詳しく解説しています。

アパレル関係の方々に商品企画や開発に活用していただけます。

また、ファッションにあまり興味の無い方に用語を知っていただきますと洋服などにより関心が深まり、ライフスタイルに変化が感じてきます!


洋服に関心のある方には用語を知れば知るほどよりおしゃれなファッションを楽しめます!
スポンサードリンク

アパレル用語辞典TOP<アイテム

  〜TOP〜

  ■シルエット

  ■スタイル

  ■アイテム

  ■ディテール

  ■服飾品

  ■素材

  ■布地

  ■ファッション関連用語



スペンサージャケット
スペンサージャケットとはウエスト丈またはボレロ型のショート丈上着。カラダにフィットしたシルエットが特徴。

スペンサージャケットは18〜19世紀初め、男女ともに流行した、原型は燕尾服でウエスト部分から下を切り取った形である。

この丈をスペンサー丈と呼ぶこともあり、ショールカラーやロールカラーで長袖、毛皮の縁取りがあった。

スペンサー伯爵(1758〜1834)が愛用したことでこの名がついた。

カジュアルなデザインもあるが、素材や小物の合わせ方で、格調高いシーンに着用も可能です。

意外にも披露宴で新郎のお色直しで着用されることが多く、ショート丈の効用でスタイル良く見えることが支持を得ている理由である。

他にも、学校・職場の制服に用いられたりと幅広く支持されています。


スポンサードリンク



Copyright (C) 2006 アパレル用語辞典 . All Rights Reserved.